診療のご案内

肥満・生活習慣病|メタポリックシンドローム(内蔵肥満)の方の肥満指導を行います。

当院では肥満が原因で生活習慣病になってしまった、あるいは生活習慣病の治療上、減量が必要な方を対象に肥満指導を行っています。
ただ太っているだけ、美容目的の方は対象外です。

受診に際してのお願い

肥満が関連した病気で現在治療を受けている方は、まずは主治医にご相談ください。
 (当院では内科的な疾患の方が対象です。)
ホルモン異常や遺伝性の肥満、薬物による肥満(精神科領域の薬、ステロイドホルモンなど)過食症・拒食症などは、単なる食べ過ぎが原因ではありませんので、元の病気の治療を優先してください。
必ず予約をお願いします。土曜日は混雑するため肥満相談には対応できませんので、ご了承ください。

医学的に肥満とは、BMI(体重kg÷身長m÷身長m)が25以上

医学的に肥満とは、BMI(体重kg÷身長m÷身長m)が25以上を指します。肥満に関連して次のような病気を合併した場合を肥満症といい、治療(減量)が必要になります。

  • 糖尿病または糖尿病の予備群
  • 高脂血症(脂質異常症)
  • 高血圧
  • 高尿酸血症・痛風
  • 心筋梗塞・狭心症
  • 脳梗塞
  • 脂肪肝
  • 月経異常
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 変形性膝関節症・変形性股関節症などの整形外科的疾患
  • 肥満関連腎臓病
    この他に内臓脂肪蓄積が明らかな内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)も、動脈硬化のハイリスクグループですので治療の対象になります。

これらの病気は体重、またはウエスト周囲径を5%程度減らすだけで、かなり病状が改善します。薬の量が減ったり、将来の動脈硬化のリスクを軽減して医療費の節約にもつながります。

肥満の方の多くは、そんなに食べていないのに太ってしまう、やせられないといいます。確かに明らかな食べ過ぎはないかもしれません。しかし過去はどうでしょう?何年もかけて少しずつ食べ過ぎてきたのではないでしょうか?
例えば、1日にご飯2口(40kcal)ずつ余分に1年間食べたとすると、これだけで体重2kg分に相当します。

まさに「塵も積もれば山となる」ですね。

内科・糖尿病内科・内分泌内科
〒390-0806
長野県松本市女鳥羽3-6-20
お問い合わせ・予約
TEL(0263)39-7740
●診療時間
 午前9:00〜12:30
 午後3:00〜 5 :30
 土曜9:00〜12:30
●休診日
 木曜・日曜・祝日

>>詳しい地図はこちらから

トップに戻る